2017年2月

2017年02月26日(日)

NHK-BSプレミアム「ようこそ!東北の冬」放送のご案内

NHK-BSプレミアム「ようこそ!東北の冬」放送のご案内

 
 
 BSプレミアムでは、2月27日(月)~3月5日(日)の1週間にわたり、「ようこそ!東北の冬」 と題して、東北にしかない冬の魅力を紹介する番組を集中編成します。雪あり、温泉あり、グルメあり、工芸品あり、冬ならではの東北の魅力をたっぷりとお届けします。
 
東北の冬の魅力を“ぎゅっと凝縮した1週間!あなたの知らなかっだ東北の冬”へ。
 
 NHK東北では、東北の魅力を広く発信し、“東北に行きたい”と思ってもらうことで観光客を呼び込み、被災地の復興に貢献することを目指す「大好きり東北」を展開しています。今回、その一環として、雪や温泉など観光資源か豊富であるにも関わらす、観光客か減少する冬の東北ぺ足を運びたくなる”番組を集中的に放送します。是非この機会に“東北の魅力”に触れていただき、東北へお出かけください!
 
番組HPはこちら ⇒ http://www.nhk.or.jp/daisuki-tohoku/bs-winter
narukoonsenkyou-housoubi.jpg
 
 
NHK-BS-premium-touhokunofuyu.jpg

2017年02月20日(月)

3/6 こけし夜話Vol.2 温泉ビューティ研究家石井宏子が語る鳴子温泉の魅力

こけし夜話Vol.2

温泉ビューティ研究家石井宏子が語る鳴子温泉の魅力

 

 おかしときっさたまごやの宮本氏が「地域のために個人ができること」をテーマに、40年の喫茶営業にて知り合ったたくさんの人々の中からゲストを招き「ちょっとディープな鳴子温泉」の魅力についてお話いただくトークセッション。
 
 今回のゲストは温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリストである石井宏子氏をお招き致します。
温泉の素晴らしさ、温泉旅だからこそ楽しめること。日本だけでなく世界を旅する石井宏子氏から見た、鳴子温泉のここが好き!ここがすごい!など温泉の世界を通して鳴子温泉の魅力に触れていただけたらと思っております。
 
 
【日 時】2017年3月6日(月) 14:00-15:30 (開場 13:30)
 
【場 所】こけし堂  大崎市鳴子温泉湯元26-9 
 
【参加費】1000円
 
※お茶会参加費別途1,000円(お茶会15:30より) 「きっさたまごや」のお茶・お菓子にて
 
【応募締切】 2017年3月1日(水)
 
【お申込先】n.koshiki@gmail.com
 
   タイトル「こけし夜話 Vol.2 申込」
   1.参加者名
   2.連絡先
   3.お茶会参加の有無(参加費:1,000円)
 
 
 
チラシダウンロード用PDF → 290306-kokesiyawa02-onsennomiryoku-isiihiroko.pdf
 
------------------------------------------------------------------------------
企画・主催:おかしときっさたまごや 宮本武  (協力:桜井こけし店/こしき)
お問い合せ先 : こしき
TEL : 0229-83-3460 FAX : 0229-83-3460  
MAIL : n.koshiki@gmail.com
住所 : 〒989-6823宮城県大崎市鳴子温泉湯元26-9
URL :  www.n-koshiki.com
 
ゲスト:石井 宏子(いしいひろこ)
温泉の美容力を研究する日本でただひとりの温泉ビューティ研究家。
旅にでかけて宿に泊まることをライフワークとし、
トラベルジャーナリストとして取材・執筆、講演など
年の半分は日本・世界を旅する。
 【著書】:「温泉ビューティ」(グリーンキャット)、
「だから行きたくなる温泉セラピーの宿」(集英社)、
『癒されてきれいになるおひとりさま温泉』(朝日新同出版)
など
 
 
290306-kokesiyawa02-onsennomiryoku-isiihiroko.jpg

2017年02月12日(日)

3月5日ONSENコンサート-里山の春

【日 時】3月5日(日)
     開場14:00 - 開演14 : 30
 
【会 場】山ふところの宿みやま
 
金山杉のラウンジで春の木漏れ日を感じながら、アコースティックな音楽に耳を傾けませんか?
鳴子温泉を度々訪れる旅行作家・温泉ビューティ研究家の石井宏子さんが監修した音楽cDroNsEN」は、温泉に入ったような安らいだ気分になれる音楽のコンピレーション・アルバム。
その楽曲をはじめ、世界で活躍する2人のアーティストの生演奏をお楽しみください。
 
【料 金】チケット・前売り2500円、当日3000円、小中学生は各1000円・1500円
 
【演 奏】
・金子飛鳥(ヴァイオリン)
・北村 聡(バンドネオン)
●ダウンロード用チラシ → 290305-onsen-concert.pdf
 
290305-onsen-concert.jpg
【主 催】 : 山ふところの宿みやま宮城県大崎市鳴子温泉字要害91(川渡温泉)
 
 
申込み・問い合わせは、メール info@yado miyama.com または電話090-2994-7196(板垣)
 

2017年02月11日(土)

2月26日 鬼首の小正月(女の年とり)

鬼首の小正月を皆で楽しみましょう!!

~女の年とり~

 
 
鬼首地域では小正月の前の晩を“女の年とり”と呼び、50年ほど前まで各家庭で盛んに行われてしいた伝統行事がありました。
 この小正月行事を、部落内外の人たちとの交流を目的に、鬼言・軍沢以北の4行政区の住民が協力して再現します。
 地域に伝わる小正月科理の振る舞も行われます。参加は男性・女問いません。皆さんのご参加を心よりお待ち致しております。
 
開催日:2017年2月26日(日)
時 間:12:00~16:30  (要予約)
開 場:寒湯生活センター
参加料:2000円(税込)
※但し、中学生以下及び岩入東・岩入西・寒湯・軍沢地域内にお住まいの方は無料
 
チラシのPDFファイルはこちら→290211-onikoube-kosyougatu.pdf
 
290211-onikoube-kosyougatu.jpg

2017年02月05日(日)

2月24日 「ゆる句会」&Haiku-ing 川渡温泉

「ゆる句会」in川渡 俳句で鳴子と遊ぼう!

 
 「奥の細道」で知られる鳴子温泉郷ですが、松尾芭蕉の一行が先を急ぐ中、悪天候などにより足止めされた場所といわれており、「奥の細道」において当地に関する句はひとつしかなく、歌枕の地として知られる「小黒崎」(岩出山との境)や「美豆の小島」においても松尾芭蕉の句は残されていません。 俳句は、時間や空間を越えて受け継がれることでその地の魅力を伝えるため、現代においても多くの人々に愛される文学ですが、古くから温泉地として栄え、美しい景色や暮らしの美が数多くある当地の魅力が、十分に表現される機会がなかったことは、非常にもったいなく感じられます。 そこで、地元の人たちが、俳句を通して楽しく地域の魅力を語り合える場として、「句会」を開催することとしました。
 
「松尾芭蕉も知り得なかった鳴子温泉の魅力」の詰まったあなただけの句を詠んで、この地域を遊びつくしてみませんか?
 
開催日時 : 平成29年2月24日(金)19:00~21:30(受付:18:30~)
会 場  : 山ふところの宿みやま
参加費  : 2,000円(利き酒セットまたはスイーツセット付)十追加オーダー(おつまみ等)
内 容  : 地のもの(お食事・お酒)を楽しみながらの句会
お 題  : 当日は、ぜひ鳴子の自然や暮らしが感じられる句を詠んでください
 

同日開催 Haiku-ing(はいくいんぐ)

開催日時 : 平成29年2月24日(金)13:30~16:00(受付:13:00~)
集合場所 : 山ふところの宿みやま
参加費  : 1,500円(デザート付)
内 容  : 俳句を楽しみながらのハイキング

 

森林インストラクター遊佐文博さんが冬の森を案内します♪
 
290224-yurukukai01.jpg

2017年02月05日(日)

一ノ蔵Madena 発売開始 鳴子温泉の温泉熱で加温熟成させたお酒です

<<日本酒です>>

一ノ蔵 Madena 

世界三大酒精強化ワイン(シェリー、ポートワイン、マデイラワイン)の製法(酒精強化・加温加熱)を日本酒に応用した一ノ蔵のオンリーワンのお酒です。

2013年に仕込み3年間熟成しました。(加温熟成+常温熟成期間の合計です)

・リラックスしたいときにゆっくり楽しむお酒です。一口で心も味覚も満たされます。

Madena は マデイラ製法と地元の方言「までな(丁寧に)」を掛け合わせた商品名です。

 

【取扱い】:さとう酒や(鳴子温泉駅前) 0229-83-2451

【取扱い】:倉  加  屋  (中山平温泉駅前) 0229-87-2201

 

720ml 化粧箱入り 5400円(税込み)

 

itinokura-madenanihonnsyu-001.jpg

itinokura-madenanihonnsyu-102.jpg

2017年02月02日(木)

◎鳴子温泉郷の観光情報 平成29年2月分

{鳴子温泉郷}観 光 情 報 <平成29年2月分>
 (発行) 鳴子温泉郷観光協会 TEL0229-82-2102
 
 こちらをご覧下さい → 201702-naruko-kankoujyouhou.pdf