HOME | 新着情報・イベント | 鳴子温泉 「さとのわ」 12月のプログラム

2016年12月03日(土)

鳴子温泉 「さとのわ」 12月のプログラム

 

さとのわ … とは

 
鳴子温泉郷には古くから湧いた温泉を軸に『湯治』という文化があります。
いろいろな場所から集まる旅人がお風呂に入って散歩して。旅人同士や地元の人たちとふれあいながらいつのまにかリラックスするという不思議な場所。
 
「さとのわ」ではそんなゆたかな湯治場のあれこれを季節ごとに紹介しています。
 
地元のお母さんに教わりながら旬の食材で里山料理を作る、“冷えとり”という健康法、きもの、手仕事時間・・・などいろいろなテーマのワークショップに参加する、また、鳴子を知りつくした地元の森林インストラクターと行く山歩き、森歩きなど、湯治場で過ごすひとときを地元の方達と提案しています。
 
“心からリラックスすること”が実は一番の健康法、ひとときいつもの生活と離れて、豊かな自然といで湯の里山でたまにはほっこり、ちょっと一息しませんか
 
12月のプログラムのご紹介です。
 
紅葉も終わり、いよいよ冬支度の時期となりました。曇りの日は時々チラホラと風花が舞い、白鳥も飛来し始めています。第1弾の雪はいつかな?そんなこれからの寒い時期はやはり体をあたためることが大事ですね。「風邪は万病の元」と言いますが、風邪の原因は「冷え」です。温泉で芯まであたたまって、あたたかい食事でほっこり。12月のさとのわでは、新年に向けたWSがたくさん。せわしい師走ですが、冬の湯治場でどうぞ充電なさってくださいね。
 
詳しいプログラムの内容は下記のPDFファイルをご覧下さい
 
12月のご案内 PDF→ satonowa-12gatu.pdf
 
ホームページはこちら → http://www.satonowa.com/