2015年3月

2015年03月29日(日)

3/29:『里山ごはん食べに行こう』○弥生③《手作りがんもどき》

 
★『里山ごはん食べに行こう』○弥生③《手作りがんもどき》
●のどかな里山景色の中で"手作り"にこだわりながら素朴であたたかなお惣菜や郷土料理を教わる里山料理教室です。毎回、季節や時期の行事をテーマにしたメニューを地元のお母さん達に教わりながらみんなで作ってみんなでワイワイ試食。
3月の3回目は「がんもどき」作りに挑戦します!水切りした木綿豆腐をすり鉢でよーくすって、中に入れる具を混ぜます。今回はご馳走がんも、ヒジキ、人参、ゴボウなどなど具だくさんにしましょうか。「すり鉢でどのくらいすれば?揚げ油の温度は何度くらい?」等どんどん聞いてくださいね。揚げたてのがんもは外側がカリッ、中は熱々ふわふわで最高!他に野菜を炊き合せた煮物もつくります。出来あがったがんもはどうぞお土産に。早春の手作り時間へぜひお越しください。終わったら温泉でほっこりというのも良いですよ~。
 チラシはこちらをご覧下さい。270329-satonowa-satoyamagohan-yayoi-3.pdf 
【日 時】平成27年3月29日(日)10:00~13:30頃
【会 場】農家レストラン『土風里』
【ナビゲーター】農家レストラン「土風里」女将 高橋直子さん
【参加費】大人3000円 小学生1000円 未就学児無料(材料費、昼食費込)
※材料準備のため3/27(金)までにお申込ください。

【主 催】"里山とまちを結ぶ"さとのわ

【お問合せ、お申込み】http://hibionon.com/又は、鈴木までTEL090-1772-1949

270329-satonowa-satoyamagohan-yayoi-3.jpg

2015年03月27日(金)

3/27:『里山ごはん食べに行こう』○弥生②《菜煮ってなに!?》菜っぱ煮と春の里山押し鮨でほっこり

★『里山ごはん食べに行こう』○弥生②《菜煮ってなに!?》菜っぱ煮と春の里山押し鮨でほっこり

●のどかな里山景色の中で"手作り"にこだわりながら素朴であたたかなお惣菜や郷土料理を教わる里山料理教室です。毎回、季節や時期の行事をテーマにしたメニューを地元のお母さん達に教わりながらみんなで作ってワイワイ試食。
3月の2回目は恒例、春の里山ご膳。今回は白菜漬けなどを利用して作る郷土料理、”菜っぱ煮”、そして乾燥させた野菜など保存食を使った押し鮨です。漬けてから時間が経ち、味の落ちた漬けものをサバ缶などと一緒に煮るとあら不思議(笑)、なんとも美味しいお惣菜に変身しちゃうんです。雪に覆われ、外に出て買い物もままならない冬の雪国、食べるものを少しづつ、大事に使っていたんですね。里山の素朴で贅沢な味を鳴子の冬暮らしのお話など聞きながらどうぞご試食ください。
 チラシはこちらをご覧下さい。270327-satonowa-satoyamagohan-yayoi-2.pdf
【日 時】平成27年3月27日(金)10:30~14:00頃
【会 場】中山平温泉「みみずく会館」
【ナビゲーター】中山平在住 米農家  遊佐幸子さん
          〃   手仕事家 助川珠實さん
【参加費】大人3000円 小学生1000円 未就学児無料(材料費、昼食費込)
※材料準備のため、3/25(水)までにお申込ください。

【主 催】"里山とまちを結ぶ"さとのわ

【お問合せ、お申込み】http://hibionon.com/又は、鈴木までTEL090-1772-1949

270327-satonowa-satoyamagohan-yayoi-2.jpg

2015年03月27日(金)

3/27:「第1回おおさきスイーツコンテスト」の参加者と審査員募集中

●第1回おおさきスイーツコンテストでは、参加者と審査員を募集しています。

◆一次審査 平成27年4月15日(水)

◆最終審査 平成27年5月24日(日)

◆会  場 岩出山スコーレハウス

◆賞  金 グランプリ10万円 準グランプリ5万円 特別賞1万円

 (Q&A:1)270209-oosaki-sweets-contest-qa1.pdf

 (Q&A:2)270209-oosaki-sweets-contest-qa2.pdf

 

【参加者の募集】

◆コンテストにはお店部門、一般部門、高校生部門の三部門があります。

 豊かな大崎平野の恵みを受けて育った米や野菜、果物で、皆さんが思い描く大崎の味や思いをスイーツにしてみませんか。

 ※第1回おおさきスイーツコンテスト募集要項

   270209-oosaki-sweets-contest-bosyuuyoukou.pdf 

◆募集期間 平成27年2月9日(月曜日)~3月27日(金曜日)※必着

◆応募方法 コンテスト応募用紙に必要事項を記入し、作品の写真を張り付けて、応募先に直接持参するか、郵送またはEメールで応募してください。

 ※第1回おおさきスイーツコンテスト参加者応募用紙

   (表)270209-oosaki-sweets-contest-oubo-1.pdf

   (裏)270209-oosaki-sweets-contest-oubo-2.pdf

◆応募先・事務局 大崎市宝御膳プロジェクト事業委員会事務局(大崎市産業経済部観光交流課内)

         〒989-6188 大崎市古川七日町1-1

                  TEL:0229-23-7097 FAX:0229-23-7578

                  E-mail:kk@city.osaki.miyagi.jp

【一般審査員の募集】

◆趣向を凝らしたスイーツの数々を試食してみませんか。

◆募集期間 平成27年2月9日(月曜日)~3月27日(金曜日)※必着

◆対象者   高校生以上で、大崎市内に在住・在勤・在学している人

◆募集人数 20人

◆応募方法 第1回おおさきスイーツコンテストチラシ下部の一般審査員応募用紙に必要事項を記載し、郵送・FAX・Eメールのいずれかで応募してください。

 ※第1回おおさきスイーツコンテスト一般審査員応募用紙(チラシ)

    270209-oosaki-sweets-contest-top.pdf   

◆応募先・事務局 大崎市宝御膳プロジェクト事業委員会事務局(大崎市産業経済部観光交流課内)

         〒989-6188 大崎市古川七日町1-1

                  TEL:0229-23-7097 FAX:0229-23-7578

                  E-mail:kk@city.osaki.miyagi.jp

270209-oosaki-sweets-contest-top.jpg

 

 

 

 

 

2015年03月14日(土)

3/14~:JRとバスのダイヤ改正について(お知らせ)

 ●平成27年3月14日からJRとバスのダイヤが改正されました。

 新しい時刻表を作りましたのでご利用下さい。

①陸羽東線と東北新幹線(古川駅)の乗り継ぎ早見表(東京方面)

 【上り】270314-jr-furukawa-noritugi-up.pdf

 【下り】270314-jr-furukawa-noritugi-down.pdf

②陸羽東線と東北本線(小牛田駅)の乗り継ぎ早見表(仙台方面・仙台空港線付)

 【上り】270314-jr-kogota-noritugi-up.pdf

 【下り】270314-jr-kogota-noritugi-down.pdf

③JR壁貼時刻表 270314-jr-kabehari-s.pdf

④大崎市営バス鳴子鬼首線時刻表 270314-townbus.pdf

⑤ミヤコーバス高速仙台鳴子線時刻表 270314-miyakoubus-sendai.pdf

⑥ミヤコーバス古川鳴子線(平日のみ) 270314-miyakoubus-furukawa.pdf

【問合せ】鳴子温泉郷観光協会TEL0229-82-2102

2015年03月14日(土)

3/14~15:鳴子温泉で楽しむ「ヨガ湯治」参加者募集中

●健康は身体を有意義に動かすことと呼吸が肝心。二宮荘では“温泉とヨガで心も身体も健康に”をテーマに毎月「ヨガ湯治」を行っています。日帰りもありますので、気軽に体験してみて下さい。

「食と健康にこだわる温泉宿」二宮荘では、地産地消の野菜料理と特製スイーツを食育コーディネーターの女将が企画しています。

 温泉は「かけ流し」で、リウマチ性疾患、運動器障害、神経麻痺、神経痛に効能があります。また、当館自慢の健康を考えた野菜の創作料理もお楽しみ下さい。

 チラシはこちらをご覧下さい。270314-1220-ninomiyasou-yoga-toji.pdf

【開催日】

 3月14日~15日 ハンドマッサージ、フットマッサージ、癒しのヨガ、朝ヨガ

 4月18日~19日 呼吸法、自然ヨガ、リズム体操、自然散策

 5月23日~24日 呼吸法、疲労回復ヨガ、リズム体操

 6月20日~21日 ハンドマッサージ、癒しのヨガ、朝ヨガ、野菜摘取り

 7月18日~19日 フットマッサージ、自然ヨガ、朝ヨガ、ブルーベリー摘取り

 8月22日~23日 疲労回復ヨガ、リズム体操、朝ヨガ、野菜摘取り

 9月19日~20日 呼吸法、アンチエイジングヨガ、朝ヨガ、野菜摘みとり

10月17日~18日 呼吸法、リズム体操、紅葉散策

11月21日~22日 癒しのヨガ、ハンドマッサージ、フットマッサージ、利き地酒

12月19日~20日 アンチエイジングヨガ、一年のまとめ

【ヨガ講師】伏見敏子先生(宮城誠真短期大学講師、日本健康運動指導士会会員)

【参加費】宿泊コース  8500円(3食付)

     日帰りコース 3500円(昼食付)

【問合せ】民宿二宮荘TEL0229-83-3778 〒989-6711 大崎市鳴子温泉字馬場136

【Eメール】s-ninomiya@silver.plala.or.jp

270314-1220-ninomiyasou-yoga-toji-1.jpg

2015年03月13日(金)

3/13~15「第一回湯守の森会議里山循環社会を目指して」参加者募集中

■日程:3月13日(金)、14日(土)、15日(日)

■実施場所:①大沼山荘 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯2-5

      ②湯守の森 宮城県大崎市鳴子温泉字久田97、98

 チラシはこちらをご覧下さい。270314-15-yumori-no-mori.pdf

■イベントの目的

・地元の間伐材を使った循環型リノベーションを促進して、「環境づくり」のためだけではなく、「地域づくり」をつなげることにより、二酸化炭素の排出を抑制する地域を創出する。女性、若者層など、まだ直接「林業」「森」が自分ゴトでない層への間伐材の活用を通じて、自分ゴト化することにより、二酸化炭素排出抑制を理解する人間を増やすこと。

■スケジュール

【ワークショップ】もしも林業女子が「もしドラ」を実践したら

・日時:3月13日(金)18時~20時

・場所:大沼山荘

・講師:小野弘人氏(セブンイレブン記念財団)

・定員:20名

【イベント】循環型の地域鳴子を目指して

・日時:3月14日(土)

・場所:大沼山荘

・定員:のべ100名

10:00 開会 旅館大沼湯守大沼伸治氏挨拶

10:10 基調講演 岩手県葛巻町鈴木重男町長

11:15 パネルディスカッション①「里山循環の鳴子から全国への連携」

     岡崎美津男氏(大崎市環境保全課長) 高木幹夫氏(日能研 代表取締役)

     井下龍二氏(セブンイレブン記念財団事務局長) 佐々木豊志氏(くりこま高原自然学校代表)

     (ファシリテーター)尾立愛子氏 

13:00 講演①「新たな商品作りから社会変革」田中 優氏

13:35 講演②「馬搬と森のくらし」岩間 敬氏

14:40 シンポジウム「きこり女子シンポジウム」

      石村真弓氏(青森)、吉田桂子氏(岩手)、田手扶紀氏(宮城)

15:50 パネルディスカッション②「鳴子の森の暮らし方」

      安藤邦廣氏(筑波大学名誉教授) 大沼幸男氏(鬼首山学校 校長) 

      大沼伸治氏(旅館大沼 五代目湯守) (ファシリテーター)尾立愛子氏

【大沼山荘外イベント】きこりマルシェ&森カフェ

・日時:3月14日(土)11時00分~17時00分

・場所:大沼山荘外

【ワークショップ】馬搬ワークショップ

・日時:3月15日(日)9時30分~11時30分

・場所:久田 湯守の森

・実演:岩間 敬氏、田手扶紀氏

・定員:20名

【大沼山荘外イベント】きこりマルシェ&森カフェ

・日時:3月15日(日)10時00分~15時00分 

・場所:大沼山荘外

・のべ50名

【申込み・問合せ】湯守の森プロジェクト(事務局)氏家TEL080-5067-0901

270314-15-yumori-no-mori-1.jpg

2015年03月11日(水)

3/11~:葵かを里「みちのく鳴子」CD販売開始のお知らせ

●演歌歌手「葵かを里さん」のデビュー10周年記念盤としてオリジナル新曲の「みちのく鳴子」が発売されました。

【発売日】平成27年3月11日(水)

「葵かを里公式ホームページ」はこちらをご覧下さい。http://wwwb.jnc.ne.jp/aoikawori/

270311-aoi-kaori-cd-michinoku-naruko.jpg

270307-oosakitimes-aoi-kaori.jpg

2015年03月09日(月)

3/9~13:「東多賀の湯」臨時休業のお知らせ

●「東多賀の湯」旅館では、お風呂のメンテナンス工事のため、臨時休業になりました。

 宿泊、日帰り入浴とも臨時休業になりますのでご注意下さい。

【休業期間】平成27年3月9日(月)~3月13日(金)

【問合せ】東多賀の湯TEL0229-83-3133

2015年03月08日(日)

3/8:「かんじきで歩こう~奥の細道~」参加者募集中

●芭蕉も知らない冬の「奥の細道」。自然の体感と冬の生活用具であった「かんじき」を使用し、先人の知恵と苦労を学んでみませんか。

【日 時】3月8日(日)9:00~13:15

【集 合】鳴子公民館 8:30~受付(※荒天の場合中止になる場合があります)

【コース】堺田~中山宿(約4km)

【対 象】一般45名(体力に自信のある方、先着順)

【参加費】500円(豚汁代、記念写真代、保険代など)

【申込み】3月2日(月)まで鳴子公民館に電話でお申し込み下さい。

【持ち物】昼食(おにぎり等)、飲料水、ストック(必要な方は持参)、長靴、防寒着

     *「かんじき」は鳴子公民館で貸出いたします。

     *昼食は、鳴子公民館で閉会式の際にとります。

【申込み・問合せ】鳴子公民館TEL0229-82-2101

2015年03月08日(日)

3/8:「第16回おおさき料理対決」の出展者と審査員募集中

◎第16回おおさき料理対決の出展者と審査員募集のお知らせ

●お題「おおさき健美食」。大崎地域の豊かな食材を使い「新たな商品の創造」と「食による地域活性化」を目指し、魅力あるおもてなしの向上を図ることを目的とする料理対決を開催致します。

【日 時】平成27年3月8日(日)午後1時~3時

【場 所】岩出山文化会館スコーレハウス(大崎市岩出山船場21)TEL0229-72-0357

【主 催】郷土の食文化研究・発信!おおさき楽友会

【後 援】宮城県北部地方振興事務所・大崎市・NPO法人未来産業創造おおさき

【内 容】

・美容と健康を意識した料理2~3品程度(プロの部、アマチュアの部、二部門制です)

  ※材料費の一部をお支払いたします

・主要食材は大崎産とし、撮影用の見本料理と試食用(5~6名分程度を小分けして)を提供。

  ※入賞作品は6月27~28日開催の“おおさき食楽まつり2015”への出展や、任意の

 一定期間中に店舗等でのメニュー化にご協力いただきます。

   また、応募レシピは事務局に提出頂き、楽友会での使用をご了承頂きます。

  ・審査員(一般公募)の投票により各部門、最優秀賞1名、特別賞1名を選定いたします。

【出展者】プロの部10名、アマチュアの部8名

      ※申込み締め切り2月16日、レシピ提出2月20日

【審査員】審査員30名、参加料一人2,000円 

      ※定員になり次第申込み終了

【申込み・問合せ】おおさき楽友会事務局(担当:矢内)TEL090-2956-9900

 

【関連事業(北部地方振興事務所主催事業)】

・大崎地域の食材を味わう会

※大崎地域を代表する食材を活用し、食育コーディネーター、野菜ソムリエの専門家が創作料理を展示、及び試食を提供し地産地 消を推進する。

・大崎地域の新たな観光資源活用に関するモニターツアー

※「まちかどコンシェルジュ」の活用法とニーズを把握するモニターツアーの実施(仙台圏の働く女性をメインに30名公募、昼食は料理対決にて)

2015年03月07日(土)

3/7:『里山ごはん食べに行こう』○弥生①《簡単白菜漬けを作ろう!

★『里山ごはん食べに行こう』○弥生①《簡単白菜漬けを作ろう!》

●のどかな里山景色の中で"手作り"にこだわりながら素朴であたたかなお惣菜や郷土料理を教わる里山料理教室です。毎回、季節や時期の行事をテーマにしたメニューを地元のお母さん達に教わりながらみんなで作ってみんなでワイワイ試食。

さあ3月!今月最初はこの冬最後の漬物の手ほどき。鳴子では定番の白菜漬けを鬼首の漬け物名人、高橋とみえさんに教わります。白菜の葉の間に塩をすりこんで作るのですが、実はこれ、塩加減が難しい。「適当でいいんだよ」と皆さんおっしゃるのですがしょっぱ過ぎたり、足りなかったり・・。今回はそんな初心者でも絶対失敗無し、塩水を使った簡単白菜漬けに挑戦します。白菜漬けの他、とみえさん自家製の味噌漬けもお土産にどうぞ!

 チラシはこちらをご覧下さい。270307-satonowa-satoyamagohan-yayoi-1.pdf

【日 時】平成27年3月7日(土)10:00~13:30頃

【会 場】東鳴子集会所(陸羽東線 鳴子御殿湯駅下車徒歩約2分)

【ナビゲーター】鬼首の漬け物名人 高橋とみえさん

【参加費】大人3000円 子供1000円(作業道具貸、材料費、昼食費込)

※当日漬けこんだ白菜漬けと「里の味」高橋とみえさんの名物味噌漬けがお土産に。

※材料準備のため3/5(木)までにお申込ください。

【主 催】"里山とまちを結ぶ"さとのわ

【お問合せ、お申込み】http://hibionon.com/又は、鈴木までTEL090-1772-1949

270307-satonowa-satoyamagohan-yayoi-1.jpg

2015年03月07日(土)

3/7~8:第31回川渡地区公民館まつりのお知らせ

●各種催し物(展示・芸能)、体験コーナー、カフェ、支援センター作品販売(エプロン・箱物・パン等)、地域の皆様の作品「川渡コレクション」ファッションショー等、盛りだくさんで開催されます。

 皆様お誘い合わせ上、ぜひお越しください。

【日 時】3月7日(土) 9:30~10:00 開場式

            10:00~15:00 展示・カフェ・支援センター作品販売

     3月8日(日)10:00~14:00 展示・カフェ・支援センター作品販売

            10:00~13:00 ステージ発表

【場 所】川渡地区公民館(大崎市鳴子温泉字川渡25-5)

【問合せ】川渡地区公民館TEL0229-84-6814

2015年03月07日(土)

3/7:【香り】発酵に学ぶ~醸された香りにつつまれながら~参加者募集中

●土の中の生命が目覚め始める啓蟄の時節。この頃に、大崎市にある酒蔵「一ノ蔵」では、日本酒の中でも香りが高い吟醸酒の仕込みが行われます。

 微生物の働きと杜氏さんたちの技によって丹精こめてつくられたお酒について、香りという視点からお話をうかがい、発酵食とともに味わいます。

 チラシはこちらをご覧下さい。270307-kaori-hakkounimanabu.pdf

【日 時】平成27年3月7日(土曜日)10:30~

【場 所】大沼旅館~一ノ蔵本社蔵~古川駅又は大沼旅館(解散)

【参加費】4000円 ※宿泊セットプランは、大沼旅館にお問合せ下さい。

 (含:日帰り温泉入浴、酒蔵見学、昼食&試飲会、集合から解散までのバス移動)

【お 話】山田好恵さん(株式会社一ノ蔵 マーケティング室 室長)

【問合せ】ソイズ合同会社(大場)TEL090-4362-7041 大沼旅館 TEL0229-83-352

270307-kaori-hakkounimanabu.jpg

2015年03月01日(日)

3/1:「にっぽん・食の哲学塾2015第二回鳴子温泉郷編」参加者募集中

●ひとりひとりが考え,行動できるよう,みんなで日本の食と農,地域を考える「にっぽん・食の哲学塾」,今年度の2回目は鳴子温泉郷から開講します。

宮城県・鳴子温泉では,地域の力で農業を支えようと,農家・旅館・お菓子屋・器職人などが協力し合い,鳴子の米プロジェクトの取組みがスタート,新品種の米「ゆきむすび」が生まれ,10年目となります。

 地域の豊かさとは何かを実践の中で追い続けています。これまでの10年の中で,地域の中で取り戻したつながり,農と食を支える新たなつながり,ゆきむすびを通じて,人と人が結ばれてきました。ゆきむすびは,地域外からも予約され一般の方の他,伝統の食事処や弁当屋,東京のおむすびやでも大事な米として使われています。できれば,鳴子温泉郷を訪れる旅人にゆきむすびをはじめとした地元の鳴子ならではの多様なごはんや食を提供し,温泉の魅力に負けないような食の魅力を上げられたらと考えます。

 講師陣には,結城登美雄塾長をはじめ,鳴子温泉を知り尽くした宮城大学の宮原育子教授も参戦し,徹底討論を行います。今後の10年を見据え,地域の食からこれからの観光への行動を考える場にします。ぜひ,ご参加ください。

 チラシはこちらをご覧下さい。270301-syoku-no-tetugakujyuku.pdf

☆主 催 NPO鳴子の米プロジェクト 共催:鳴子ツーリズム研究会

☆日 時 平成27年3月1日(日)11時~15時

☆会 場 宮城県大崎市鳴子公民館(JR鳴子御殿湯駅前)

☆内 容 

第1部 11時~12時30分 「講 演」

  ①「旅の楽しみは,食にあり」講師:宮城大学事業構想学部 教授 宮原育子氏

  ②「鳴子の米から鳴子のごはんへ」講師:塾長 民俗研究家 結城登美雄氏

※「昼 食」ゆきむすびのおむすびetc.

第2部 13時~15時 徹底討論「食・農・温泉 観光の未来」

  コーディネーター:結城塾長,コメンテーター:宮原教授,発言者:地元

  ☆情報提供:(一社)農文協季刊誌『うかたま』編集長 中田めぐみ氏

  ☆定 員 ・対象 食や農,観光,地域づくりに関心のある方ならどなたでも。

   60名(先着順)

  ☆参加費 千円(昼食・資料代)

  ☆参加申込み 問合せ先に、氏名・住所(都道府県・市町村)・所属・電話番号・参加内容を平成27年2月25日(水)までに、FAX・メール・電話等でお申込みください。

  ☆お問合せ先 NPO鳴子の米プロジェクト事務局(平日9時~16時)

     電話0229-29-9436 FAX0229-29-9437 e-mail:komepro181@yahoo.co.jp

【講 師】

☆「にっぽん・食の哲学塾」塾長 民俗研究家 結城 登美雄(ゆうき とみお)氏

☆宮城大学事業構想学部教授 宮原 育子(みやはら いくこ)氏

☆(情報提供)農山漁村文化協会季刊誌「うかたま」編集長 中田 めぐみ(なかた めぐみ)氏

270301-syoku-no-tetugakujyuku-1.jpg

2015年03月01日(日)

3/1:「鬼首の小正月~女の年とり~」参加者募集中

●鬼首(おにこうべ)地域では、小正月の前の晩を「女の年とり」と呼び、50年ほど前まで各家庭で盛んに行われていた伝統行事がありました。この小正月行事を集落内外の人たちとの交流を目的に、地域の住民が協力して再現します。

 地域に伝わる小正月料理の振る舞いも行われます。参加は男性・女性を問いません。

 皆様のご参加を心よりお待ち致しております。

 チラシはこちらをご覧下さい。270301-onikoube-kosyogatu.pdf

【日 時】平成27年3月1日(日)12時00分~17時30分

【場 所】寒湯(ぬるゆ)生活センター(大崎市鳴子温泉鬼首字寒湯高剥15)

【内 容】神社参詣、雪中田植え、かんじき体験、あわぼ作り、お餅つき、雪灯篭、

     豊作祈願なおらい(山鳥のお雑煮、お餅、他)

【参加料】大人2000円 *中学生以下無料

【問合せ】軍沢以北親睦会事務局(高橋一幸) TEL090-4888-3372

※仙台からのバスツアーもありますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。

【バスツアー問合せ】㈱たびむすびTEL022-746-6230

270301-onikoube-kosyogatu.jpg

2015年03月01日(日)

鳴子温泉郷の観光情報 平成27年3月分(PDF)

{鳴子温泉郷}観 光 情 報 <平成27年3月分> (発行) 鳴子温泉郷観光協会 TEL0229-82-2102
 PDFはこちらをご覧下さい。270301-kankou-info.pdf